新型コロナウィルス感染拡大防止対策

 新型コロナウイルス感染対策に最大限配慮し安全に練習を行う方針です。 但し、その時々の状況や愛知県やラグビー協会の判断や要請を優先します。

 

練習前

◎以下の事項に該当する場合は、トレーニングへの参加の見合わせてください。

●体調が良くない場合(例:発熱、咳、咽頭痛などの症状がある場合)

●同居家族や身近な知人に感染症が疑われている方がいる場合

 

◎練習当日には自宅で各自、体温測定、健康チェックを行ってください。

 

◎指導員のミーティングは、人との間隔をとり、すべてのスタッフがマスクを着用した状態で行います。

 

◎新型コロナウイルス感染症が発生した場合は、生徒及び関係者は必ずスクールへ速やかに報告してください。

 

◎体験入校参加者には、感染経路の追跡を行うため、個人情報の扱いに十分注意し、日付、参加者情報(氏名、保護者名、電話番号、メールアドレス)の記載を行なってもらいます。

 

◎目、鼻、口を触らないように心掛け、どうしても触るときには手洗いや手指消毒をした後に触るようにしてください。

 

練習時

◎プレー以外で体に触れること(握手や抱擁)は積極的に回避してください。

 

◎練習中は熱中症対策の観点からできる限りマスクを外すよう指導していますが、 着用に関しては生徒や保護者の判断に委ねます。 指導員はマスクを着用して指導します。

 

◎こまめな手洗い、アルコール手指消毒薬等による手指消毒を指導しています。 手洗い場には、手洗い石鹸(ポンプ式)と手指消毒薬を準備しています。

 

◎グラウンドへの通路を入場用、退場用の二箇所に分けてそれぞれ一方通行とし、 行き来が滞らないよう対処しています。

 

◎練習後は、終了した学年から速やかに帰宅してください。

 

◎発熱などの症状が確認された生徒・関係者は直ちにトレーニングを中断し、隔離等の適切な対応を行い、必要に応じて保健所や医療機関への相談あるいは受診を促します。